差し込み印刷を学ぶ60代男性のTさん

入会して2年が経つ60代男性のTさん。

 

Excelでゴルフのスコア表を作ったり、ムービーメーカーやPowerPointでスライドショー作ったりと、趣味とパソコンを上手く活用されています。

スライドショーは公民館などでプロジェクターを使ってご友人たちと一緒に観るそうです(^^)

自分で作った作品を大きな画面で大勢で見られるのは嬉しいですね!

 

以前に、

”Wordで賞状を作ったときに、一人ひとり名前を入れて一回ずつ印刷するのが面倒だった”

というお話をされていたため、「差し込み印刷」が使えるようになると便利かも、と思い提案してみました。

 

 

初めて使う機能だったため、住所録を選択し忘れてしまったり、差し込みフィールドが理解できなかったりしましたが、

 

「まだ使えるようにはなっていないけど、絶対に使いたい機能ですね」

 

とおっしゃっていました(^^)

 

「はがき宛名面ウィザード」から学習しましたが、

Tさんの場合は、ハガキよりもどちらかといえば、ラベルの方が使う頻度は高そうです。

住所録はすでに作成されているので、使おうと思えば色々な場面で使えます。

丁度、WordとExcelの復習もしたかったようで、復習も兼ねて集中して学習されていました。

 

 

差し込み印刷はなかなか一回学習しただけでは使えるようにはならないので、

ハガキの他にも、ラベルや、封筒など、なるべく日常で使えるような課題を行うことで徐々に使えるようになります。

実際に書類や封筒を持ち込みで学習される方もいます!

 

まだ始めたばかりなので

これから使っていくことを意識しながら学習していきましょう!!