圧縮フォルダーの展開方法を学んだ50代女性のIさん

入会されて1年半の50代女性のIさん。

先日、フォルダーの圧縮方法を学習した際、

「圧縮フォルダーの展開方法」を一緒に学習しました。

 

圧縮ファイルは、そのままだと中のファイルを確認することはできますが、

ファイルを直接使用することはできません。

ファイルを使用するには圧縮フォルダーを展開する必要があります。

 

圧縮されたフォルダーを展開するには、

圧縮フォルダーを開き、「展開フォルダーツール」の「展開」タブから「すべて展開」をクリックします。

展開先の選択が表示されるので、「展開」をクリックします。

しばらくすると展開が完了し、ファイルが表示されます。

 

これで圧縮フォルダーの展開ができました!

「展開フォルダーツール」が見つかれば、あとの操作は簡単です。

このフォルダーが圧縮されているのか、そうではないのかの見極めが難しい方もいますが、

実際に使う機会がある方はすぐに理解できるようになります(^^)

この学習は、実際にメールを使う機会が多い方に特に学習をおすすめしています。

 

以前、メールで添付されたものを「圧縮しないと使えないよ」と言われ、

「圧縮とは…?」と焦った経験があったIさん。

フォルダーの圧縮方法と、展開方法が知れたことで、メールに対する不安が少し解消されたようでした。